社会保険労務士,就業規則,人事制度,阪急・JR宝塚駅下車10分,丁寧な応対,未払い残業,成功する採用
お知らせ

>> 一覧へ

就業規則を作るなら、人事制度を作るなら、ルールブックを作るなら、働きがい、やる気、自立型社員、残業代
社長の想い、伝わっていますか

経営理念
「私達は、社員の成長をお手伝いし、望ましい風土を作ることで、お客様の会社の業績向上に貢献します」


社長の考え、想いは社員に明確に伝わっていますか。   トップ3

私たちは、社員の成長こそが、会社の業績を上げる大きなカギだと考えています。
社員が成長する会社のしくみ作りをお任せ下さい。

1.社長の考えを「見える化」して、社員が目指すところを明らかにしたものが、評価のしくみであり、人事制度です。

1.会社をリスクから守るために社員のとるべき行動・禁止事項を明確にし、働きがいのある社風をつくるものが就業規則です。

1.社員が自主的に働き、やる気をだすために、自分たちで作る行動規範が社員ハンドブックです。

これらのしくみを 一つの流れにしたものが「働きがいプロジェクト」です。
私たちは、お客様と一緒に考え、知恵をしぼります。


働きがいプロジェクトとは

 

人事労務ニュース
人事労務ニュース

労基署監督指導により支払われた割増賃金支払額は過去10年で最高の446億円2018/09/25
今年度も大幅な引上げとなった地域別最低賃金2018/09/18
7割で労働基準関係法令違反がみられた労働基準監督署の監督指導2018/09/11
慶弔休暇など特別休暇のルールを定める上でのポイント2018/09/04
半数程度に留まるマタハラ防止対策実施企業2018/08/28
働き方改革関連法の成立により重要性が高まる産業医の役割2018/08/21
天災地変により従業員を休業させる場合の休業手当の取扱い2018/08/14
働き方改革関連法の成立により予想される監督指導の強化と労働基準監督官の役割2018/08/07
外国人労働者が出国時に受け取ることのできる公的年金の脱退一時金2018/07/31
過去最多を更新した精神障害による労災請求件数2018/07/24

>> バックナンバーへ

総務担当者のための今月のお仕事カレンダー
総務担当者のための今月のお仕事カレンダー

   

 人事・総務担当者にとって、10月は比較的業務の落ち着いた時期ではないでしょうか。今月は地域別最低賃金額の改定が行われます。大幅な引上げとなっていますので、最低賃金を下回る従業員がいないかを確認しておきましょう。>> 本文へ

人事労務管理リーフレット集
人事労務管理リーフレット集

36協定届の記載例(一般条項)
労働基準法改正により、2019年4月1日より改定される36協定届(一般条項)の記載例
重要度:★★★★★
発行者:厚生労働省
発行日:2018年09月
nlb0459.pdf(1.03MB)

ブログ,社長,開業,退職,解雇,裁判,判例,グルメ,笑い,弁護士,研修,健康診断,年金,労災,請負
ブログ/同じ空の下 

 
お問合せ
  社労士事務所 蘖 ひこばえ
    TEL : 0797-78-8051
    FAX : 0797-78-8129

     メールでのお問合せ

    

 




 
         

 ご相談受付